富士山の恵み 清酒「甲斐の開運」をどうぞご賞味ください。   
マウスを画像の上に当てると拡大してご覧いただけます。
酒粕画像
商品説明
甲斐の開運の酒粕は、大吟醸の酒粕 か 大吟醸以外のお酒の酒粕 に分かれています。

●大吟醸の酒粕  1kg ¥756(税込)

 大吟醸を上槽した時の酒粕です。色は白く、米粒が多く残った状態です。早く柔らかくなります。


●酒粕 1kg (板粕・バラ粕) ¥648(税込)

 通常、「甲斐の開運の酒粕」と言うと大吟醸以外のお酒の酒粕の事を指します。お酒の種類での区別はございません。「純米の酒粕が欲しい、吟醸の粕が欲しい」等のご要望にはお答えできません。ご了承ください。

 板粕・・・なるべく板状に封入したもの。

 バラ粕・・大小バラバラにこなれたもの。

 どちらも同じ製品です。酒粕を剥がしたときに板状に剥がれたものが板粕、こなれて剥がれたものがバラ粕です。酒粕の品質に違いはございません。ご利用しやすい形状をお求めください。





甲斐の開運 酒粕

 日本酒は、米と水から生まれるアルコール飲料です。そして2種類の微生物の力を借りています。麹と酵母です。麹が出す酵素によって米のデンプンを糖分に変えます。(これが麹の甘酒の造り方)。これに酵母を加えると、酵母は自分の身を護るために糖分をアルコールというバリアに変えるのです。できたアルコールが日本酒です。また酵母はアルコールにだけでなく、多様な酵素を生み出し、それが色々な味・香り・栄養素などを作りあげます。
 発酵を終えたタンクの中は、米とお酒が混じった状態です。これを醪といいます。この醪を上槽(搾り)し液体と固形物に分けた時、液体が日本酒の生原酒・固形物が酒粕と言うわけです。

醪の様子

生原酒

残った固形物

酒粕



酒粕は”カス”じゃない!




色々な形で酒粕は利用されています。

・甘酒 ・スムージー ・ケーキ ・プリン ・グラタン ・カレー ・粕汁
・魚の粕漬け ・肉の粕漬け ・野菜の粕漬け etc.........



酒粕の熟成・保存について

 酒粕は、常温または冷蔵で保存した場合、酒粕の中に残っている酵素が活性し、新たな味や香りに変わっていきます。それと共に色も褐変します。これを熟成と言います。奈良漬けなどは、わざわざ熟成させてから使用します。我が家では、肉や魚にも熟成粕を使用します。甘酒や料理、スイーツなどには新鮮な酒粕がいいでしょう。使用する目的により、使い分けていただければ、バリエーションが広がります。酒粕で、
Enjoy Cooking!
Good Life!


■ 冷凍保存・・・色の白さや香りをそのままに保存したい。 
       購入後、小分けにして冷凍し、使う分だけを解凍してください。
       (冷凍庫の匂いが移りやすいので、密封してなるべく早くご利用ください)

■ 冷蔵保存・・・とりあえず保存
       熟成がゆっくりと進みます。熟成具合に応じて、色々とお楽しみください。
       (なるべく空気を抜いて保存してください)

■ 常温(暗所)保存・・・熟成させたい
       旨味はどんどん増しますが、色は褐変していき、味噌のような香りに変わります。
       (なるべく空気を抜いて保存してください)




 ご購入いただく酒粕は、必ずしも出来立ての酒粕という事ではございません。ご購入いただく時期により違います事をご了承ください。 



酒粕

Copyright ©甲斐の開運 web-shop酒望子 All Rights Reserved.